本因坊戦 とは - 本因坊戦

本因坊戦 とは

本因坊戦 とは

1939年創設。
毎日新聞社主催。最後の世襲本因坊二十一世本因坊秀哉名人は、
本因坊の名は棋界随一の実力者が名乗るべきものであるという思いから、
日本棋院に本因坊の名跡を譲り渡し、選手権制による本因坊戦
「本因坊名跡争奪全日本囲棋選手権大手合」が行われることになった。

囲碁におけるタイトル制度はこれが始まりであり、以後に始まる多くの棋戦のモデルとなった。





世界最大級のインターネット囲碁サロン『パンダネット』


本因坊戦 とはの続きを読む

本因坊戦 第5局 2008年

本因坊戦 第5局 2008年

高尾紳路 本因坊 が、 羽根直樹 九段の挑戦を受けています。
7月1・2日に挑戦手合7番勝負第5局が行なわれました。

それまでの成績は、 高尾紳路 本因坊 の3勝1敗。
前回は 羽根直樹 九段が勝利し4連勝による4連覇を阻止した。

結果は、180手で挑戦者の 羽根直樹 九段が
本因坊秀紳に白番中押し勝ちし、
対戦成績を2勝3敗とした。





世界最大級のインターネット囲碁サロン『パンダネット』


公式サイトは・・・

本因坊戦 第5局 2008年の続きを読む

本因坊戦 第4局 2008年

本因坊戦 第4局 2008年


高尾紳路 本因坊 が、 羽根直樹 九段の挑戦を受けています。
6月23・24日に挑戦手合7番勝負第4局が行なわれました。

それまでの成績は、 高尾紳路 本因坊 が3連勝。
ここで 高尾紳路 本因坊 が4連勝となると、
4連覇となる。

挑戦者の 羽根直樹 九段も地元の開催で、
まずは一矢報いたいところ。

結果は、219手で挑戦者の 羽根直樹 九段が
高尾紳路 本因坊 に黒番中押し勝ち。
対戦成績を1勝3敗にした。
本局は、今シリーズで最も激しい戦いとなった。
地元でカド番を迎えた 羽根直樹 が、
4連覇を目指す 高尾紳路 を破り、待望の1勝をあげた。





世界最大級のインターネット囲碁サロン『パンダネット』


公式サイトは・・・

本因坊戦 第4局 2008年の続きを読む

本因坊戦の記事

今日のキーワード

当サイトのRSS

カテゴリー

パンダネット パンダネット

Copyright (C) 2007 All Rights Reserved パンダネット 囲碁 入会